クチコミ情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

【無料の企業PR広告】
【無料の企業PR広告】
トップページ おすすめ情報 クチコミ情報 お役立ち情報 運営会社
クチコミ情報

整形外科の歴史、診療内容
整形外科は、人体の骨、関節、筋肉などの運動器系の診療を行う外科医療の一種で、リウマチや形成外科と連携して治療を行う場合もあります。美容外科における整形手術とは関係ありません。整形外科の歴史は、1780年にジャン・アンドレ・ベネルが、小児の骨格異常の治療を行なったのが最初と言われており、オランダの軍医アンドレ・マチセンが、石膏を使用したギプスによる治療を行なっています。整形外科は、戦争による外傷治療を行う事によって発展してきており、中世の戦場における治療には、外傷部位に馬の血を染み込ませた布などを巻き付け、添え木を施すという手法が採られていました。現在の診療内容は、人体の各種運動器の救急外傷、脱臼、骨折、捻挫などの怪我や、肩こり、腰痛などの脊椎、脊髄疾患、膝や股関節の外科治療、スポーツによる外傷治療、関節リウマチや、骨の腫瘍、先天性の小児整形など、様々な分野における診療が行われています。分野別には、代謝性疾患(骨粗鬆症、関節リウマチ、変形性関節症など)脊椎疾患(椎間板ヘルニアなど)、外傷(骨折、脱臼など)、腫瘍(骨肉腫、脊椎腫瘍など)手(手根管症候群など)、足(大腿骨頭骨端線離開)などに分類されます。